『WAP』

『WAP』とは、PマークのJIPDECや政府機関が推奨する世界で最も堅牢なセキュリティ対策ソリューションです。
個人情報や機密データを『WAP』で管理すれば、流出しても漏洩にならない対策が可能になります。

Technology

セキュリティ対策は「暗号化」から「割符化」へ

個人情報や機密データ、万が一流出しても漏洩にならないセキュリティ対策

デジタル原本情報を独自技術を用いてビットレベルで分割することにより、割符単体では原本情報に復元する事が出来ない技術です。
従来の「暗号化」よりも「割符化」し秘密分散することで、安心・安全なセキュリティー対策が可能になります。

WAP(電子割符)の特徴

※プライバシーマークを運営するJIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)が2010年3月に発表した「情報分散管理技術(電子割符技術を利用した情報管理)に関する法的意見書」では、「単体としての電子割符(容易に結合不能な条件下が前提)は、個人情報とはいえない。」との法的見解が出ております。また、「個人情報」をPCや端末から持ち出す際の情報漏洩防止の解決策として秘密分散技術を用いた運用が推奨されております。
https://www.jipdec.or.jp/archives/publications/J0005038

※電子割符技術は1999年代に実用化されており、内閣官房情報セキュリティセンター(現:内閣サイバーセキュリティセンター NISC)の「政府機関の情報セキュリティ 対策のための統一基準(第4版)」において紹介されている技術です。
https://www.nisc.go.jp/active/general/pdf/K303-081C.pdf

従来の技術:暗号化

短期間・簡便な利用向き
  • 暗号化処理では、原本情報を全て反映させた変換データを生成します。
  • 逆変換の可能性を否定できません。
  • 暗号化データは集合論で言うところの写像となります。
  • 暗号化であっても原本と看做されます。

新技術:割符化

中長期間・厳格な利用向き
  • 割符化処理では、原本情報をビットレベルで分割・分散して割符を生成します。
  • 割負担体からの逆変換が原理的にできません。
  • 割符ファイル単体は、集合論で言うところの部分集合となります。
  • 割符ファイル単体は、法令解釈上も原本とは看做されません。

Movie

Solution

医療情報

WAPで電子割符化された患者の医療情報が仮に流出しても、中身の情報を垣間見ることが技術的に不可能です。患者の医療情報を割符化しBCP対策を施すことで災害時に一部データが失われても復元可能です。

電子Wallet

WAPで電子割符化されたデータの断片情報が仮に流出しても、中身の情報を垣間見ることが技術的に不可能です。WAPを搭載したWalletは他サービスでは真似できない強固なセキュリティで資産を守ります。

Company

会社名 T-GATE株式会社 (T-GATE INC.)
設立 2018年7月
資本金 10,000,000円
代表者

代表取締役 峠 寛治
取締役   小山 高之
取締役   黒木 清文
取締役   工藤 俊夫
取締役   金 桓秀
取締役   岡本 康敬
取締役   有賀 博之

所在地

〒101-0063
東京都千代田区神田淡路町2-23-1お茶の水センタービル4F

連絡先

TEL:03-3525-4651
FAX:03-5298-1852

企業理念 個人情報および様々なデータ保護のために先進的な技術の開発及び教育・啓蒙に勤め、デジタル時代のセキュリティー環境の整備に貢献する。
事業内容 割符を用いた企業向けのセキュリティコンサルおよびシステム開発、販売

Contact

必須お名前

必須メールアドレス

必須メッセージ